FC2ブログ

北海道YOSAKOIソーラン祭り2015

先日の北海道YOSAKOIソーラン祭り2015でASORAが演舞曲を作ってるチームが準優勝しました。
このマンモスな大会は地元のチームが有利とか色んな問題が度々提起されてたりしますが、そんな中でのこの受賞はかなり凄いことだと思います。
受賞した「REDA舞神楽」さんは千葉県船橋市のチームでメンバーの方々と一緒にレコーディングしたりしてワイワイ盛り上がってたので特に印象に残ってるチームでした。

いよいよ今年もよさこいシーズンの到来ですね^^
スポンサーサイト



第10回黒潮よさこい祭り!!へ

2013年10月13日、千葉県銚子市で行われた「第10回黒潮よさこい祭り」に行って来ました。
私の自宅から会場までは4時間を越える小旅行並の道のりでしたが、見事な快晴に恵まれ絶好の祭り日和となりました。
銚子駅から歩いて10分程の会場には4つのステージがあり、その全てが一直線上にあるのでステージ間の移動がとても楽なのと、お客さんがちりじりにならないのが良いですね!

さて、今回の黒潮よさこい祭りには当社で音楽制作をさせて頂いているチームがいくつか出場していたので影ながら我が事のように緊張したり心が躍ったりしながら応援していました!!
特にチームの踊り子さん達が演舞曲を一緒に歌っているのを見ると感動もひとしおで、思わず目頭が熱くなったりします!!

それでもシャイな私はチームの方にお声賭け出来たり出来なかったり、、

そして演舞審査の結果は

「YOSAKOI舞ちはら」さんの大賞
「黒潮美遊 潮っ子組」さんの3位
「ふさのくに舞華恋」さんの6位
「維新~心ひとつ~」さんの8位


等、当社が音楽制作をさせて頂いているチームの方々が大健闘され、我が事のように嬉しいです!!

また、今回は受賞を逃してしまったチームのみなさんからも同じように感動を頂きました!!


多くの感動を本当にありがとうございました!!








坂戸よさこい2013

8月18日
今年も炎天下の坂戸よさこいに行って来ました!!

今年は坂戸駅から北坂戸方面の会場まで全ての会場を制覇しました(笑)

しかし、ただ見て回るだけでもかなりの距離なのですが、これを踊りながら回っている踊り子のみなさんは大変な運動量だと思います。本当にお疲れ様です!!

この「坂戸よさこい」に毎年思うのですが、全ての会場においてプログラムのタイムテーブルと1分のズレも無く進行しているのに感心します。
これには運営側の的確な進行はもちろん、各チームのみなさんの意識の高さが伺えますね!!

そしていつもながら自分たちが制作した演舞曲を踊るみなさんと実際の祭りの中で遭遇して胸が熱くなりました!!
この現場ならではの音の響き方や伝わり方を体で感じ、今後の演舞曲制作に生かしていきたいと思います!!





千葉のよさこいが熱い!!

日曜日に市原市で行われた千葉よさこい2012に行って来ました!!
この大会が今年の踊り納めとなるチームも多かったのではないでしょうか。

さてこの秋行われた千葉県でのよさこいイベントでは弊社で音楽制作をさせて頂いているチームが大活躍しています!!


【第9回黒潮よさこい祭り】

なんと大賞、準大賞、3位の、上位3チーム全てを弊社で音楽制作をさせて頂いているチームで独占しました!!

   日時:10月7日(日曜日) 10:00~18:00

   場所:銚子市役所~本通り~銀座通り商店街~飯沼観音境内

   ≪審査結果≫

    大賞:YOSAKOI舞ちはら  準大賞:黒潮美遊潮っ子組
    3位 :南総みよし烈華隊  4位  :チーム☆利ゑ蔵
    5位 :雅華組       6位  :いばらき熊連



【木更津舞尊】

なんと受賞した10チーム中、5チームが弊社で音楽制作をさせて頂いているチームでした!!

   日時:10月14日(日曜日) 11:00~19:00

   場所:木更津東部商店街、一番町商店街(木更津市)

≪審査結果≫

木更津舞尊賞 REDA舞神楽
日本武尊賞 CHIよREN北天魁
弟橘姫賞 黒潮美遊
金鈴賞 チーム☆利ゑ蔵
恋の森賞 よさこい舞ちはら
木更津市長賞 千葉工業大学よさこいソーラン風神
木更津商工会議所会頭賞 南総みよし烈華隊
木更津観光協会会長賞 所沢風炎紙神伝~雅~

セミファイナル 優勝 舞粋風 準優勝 ふさのくに舞華恋


【ちばYOSAKOI2012】

そして一昨日のちばYOSAKOI2012では弊社で音楽制作をさせて頂いている2チームが入賞しました!!

日時:10月27,28日(土日)

場所:市原市、千葉市

≪審査結果≫

グランプリ REDA舞神楽 
準グランプリ CHIよREN北天魁
準グランプリ  銀輪舞隊
最優秀賞 郷人
優秀賞 かつみ(鳴子会)/YOSAKOI舞ちはら/黒潮美遊/音ら韻







小田代直子さんTV出演!!

弊社のボーカルスタッフとしても活躍しています小田代直子さんが、7月には第47回産経民謡大賞、大賞の部で優勝し、内閣総理大臣賞を受賞しました!!

そして10月20日(土)PM15時05分~NHK総合TV全国放送「それいけ民謡うたまつり」に出演します!!

菜桜(小田代直子)オフィシャル・ウェブ・サイト
http://www.asora.net/nao/index.html


坂戸よさこい2012

昨日、第12回坂戸よさこいに行ってきました。
今年は全106チーム・約5,200人の出場者ですから、かなりの規模です!

例年通り広範囲に渡って幾つものステージが用意され、どのステージでも流しは途切れる事無くとてもスムーズに進行し、プログラムの時間も正確に守られていて、運営側と出演者側それぞれの質の高さに感心させられました。
そして大勢の観客のみなさんも非常に行儀が良く、とにかくみんなが笑顔だった印象が強く残りました。

皆で楽しむ為に皆が努力してるんですね。

さすが、坂戸よさこいの町です!!




夏本番!!

今年も夏本番!!よさこいの季節を迎えております!

先日は中央大学のよさこいチーム「一期一笑」さんの演舞完成披露会に呼んで頂き、中央大学多摩キャンパスにお邪魔して来ました!!
いま始まった彼らの夏は、よさこいの中に輝き、それぞれのストーリーを生み出して行く事でしょう。

どうか良い夏を!!

そして来週末はいよいよ朝霞の彩夏祭です!!







菜桜「ありがとう」

よさこい制作の縁で知り合った岩手県宮古市の民謡歌手、菜桜(小田代直子)さんと5曲入りのアルバム「ありがとう」を作りました。
テーマは震災復興なので、もしも利益が出たら義援金として寄付したいと考えていますが、音楽を買ってもらう以上は良いものを作るよう全力で取り組みました。

シングルカット曲の「がんばんべ」は既にダウンロード販売が始まっています。
CDの方も6月中には発売出来そうですので、是非聞いてみて下さい!!

菜桜(Nao)オフィシャルウェブサイト
http://www.asora.net/nao/





うれしい便り!!

宮古市崎山小学校を今春卒業された児童のみなさんからお便りを頂きました。

これは私たちの宝物です。

大変な状況はまだまだ続くと思いますが、笑顔溢れる未来が見えたような気がします。

こちらこそ、本当にありがとうございました。





歌のレコーディング!!

一昨日、ある大学のよさこいチームのみなさんの歌のレコーディングに立会いました。
当初は3人で同じ旋律を歌うという内容だったのですが、歌う予定では無かった方も参加して最終的には4人全員が歌う事になりました。
よさこい音楽の場合、特に1本のマイクに向かって皆さんが一緒に歌えれば一体感やいさぎよさも加わって勢いのあるものが録れる事は間違いないのですが、そうすると後で色んな問題が起きてしまいます。

まず、声の大きい人と小さい人、声の目立つ人と目立たない人の存在感の違いがあからさまになってしまうのです。それを解消する為に歌い手さんの立ち位置を調整したりするのですが、合唱団でもない限り中々うまくいきません。
そして、全員が一斉に歌ってしまうと誰かがミスをする度に何度も取り直さなくてはならないというリスクを抱えてしまい、場合によってはどんどん士気が下がって行ってしまう事もあり得ます。

そこで一番に思い付く方法は歌う方それぞれが個室に入り、それぞれが違うマイクに向かってヘッドホン越しにみんなの声を聞きながら一斉に歌うという方法です。
しかし、これはそれなりの規模のレコーディングスタジオでなければ不可能なのでコストも桁違いに掛かってしまいますし、個室に閉じ込められて歌うというのは不慣れな方にとってはかなりの緊張とストレスを強いられる事になってしまうので良い結果に繋がるとは思えません。

そこで今回採用した方法は、すぐ傍に居る仲間に見守られながらひとりずつ歌うというものです。

それでもやはり皆さん、最初はとても緊張していました。
歌と踊りでは勝手が違いますし、初めてヘッドホンしてコンデンサーマイクの前で歌うというのは誰だって緊張して当然です。
それでも何回か歌っているうちに皆さんは良い感じに緊張がほぐれ、レコーディングそのものを楽しめる空気も生まれて来ました。これは仲間がすぐ傍にいるという安心感が非情に大きいでしょう。

結果的には皆さん最初に歌ったものとは段違いに良いものが録れましたので、とても良いレコーディングになったと思います!!





崎山魂!!

復興支援の一環としてスタートした岩手県宮古市崎山小学校へ贈るよさこい曲制作プロジェクト。
歌い手さんとのスケジュール調整や岩手でのレコーディング、私事の諸事情等もあり思いのほか時間が掛かってしまいましたが、沢山の人の善意に助けられながら「崎山魂」が遂に完成しましたのでダイジェスト版をアップします。
ソーラン節は小田代直子さん、崎山小学校校歌は太田代将孝さん歌唱です。

崎山魂 by asora



太田代さんのレコーディング

本日やっとスケジュールがかみ合い、太田代さんのレコーディングが行われました。
太田代さんの力強い美声で歌われた崎山小学校校歌はきっと子供たちの心に届くでしょう!!

さあ、これからミックスダウンへ向けて細かな調整に入ります!!






岩手へ

明日はいよいよ岩手県宮古市崎山小学校に贈呈するよさこい曲のボーカルレコーディング第一弾、小田代さんの歌を録りに岩手県北上市へ向かいます。
無償の慈善企画を快く引き受けて下さり、遠い道のりを歌いに来てくれる小田代直子さんに感謝!!
このプロジェクトを橋渡ししてくれた流星海のみなさんに感謝です!!
良いものを作らなければ!!!



みやこ秋祭り

震災の10日前に岩手に出張してレコーディングした宮古流星海の曲が先月の宮古秋祭りで披露された様子がyoutubeにアップされてました。
この曲には私の声も沢山入ってるので、なんだか自分もそこに居るかのような不思議な感じがしました(笑)

頑張れ、宮古市!!

http://www.youtube.com/watch?v=q1hf3J9_vuw&feature=related





秋のよさこい

明後日にはもう10月に入ります。
いつもいつも過ぎた夏があっという間に感じるのはなぜなんでしょうか、、、

しかし、まだまだ今年のよさこいは終わっていません!!

11月末まではほぼ毎週末、日本のどこかでよさこい祭りが開催されていますので、お近くの方は是非秋のよさこいにも足を運んでみて下さい。

祭りの日程は以下のサイトで。

http://yosakoi-yosakoi.com/modules/piCal/





小田代&太田代

崎山小学校のよさこい演舞曲はほぼ骨組みが完成しました!!

全体としては小田代さんに歌ってもらうソーラン節のメロディが基本となり、途中に崎山小学校の校歌をシャッフルのリズムにアレンジして挿入してみました。
この校歌部分は、宮古市にゆかりのあるオペラ歌手の太田代将孝さんに歌ってもらう事が決まりました!!
太田代さんは、私があるSNSに書いたこのプロジェクトを見て「自分も参加させて欲しい」と名乗り出て下さったのです。
ホントにありがたいです(感謝)

太田代さんとは以前に何度か仕事でご一緒していたので盛岡出身という事は知っていたのですが、改めて伺ってみると、宮古で撮った映画の主題歌を太田代さんが作ったという縁で宮古では2~3ヶ月に一度ライブをやっているのだそうです。そして太田代さんのお母さんが宮古の方だそうで。

縁ですね~、、


ここで今回のプロジェクトで歌って下さる二人の歌手の方の名前を見比べて見ると、、、

小田代さんと太田代さん

どうですか?

これも何かの縁ではないでしょうか。


民謡とオペラという異文化の実力派歌手が共演する今回の作品は、さらにスケールを大きくしながら進行しています!!


そして、みなさんの善意に感謝!!!






坂戸よさこい 2011

昨日、坂戸よさこいに行ってきました!!

例年の坂戸よさこい祭りで真っ先に連想するのは、尋常ではない暑さです!!
全国でも指折りの猛暑地帯に程近い坂戸のよさこい祭りは
毎年厳しい暑さの中で開催されてきました!!
そして、それが坂戸よさこい祭りの「らしさ」でもありました。

それが、今年は天候に恵まれず、小雨の中肌寒ささえおぼえる悪天候となってしまいました。

それでも、東日本大震災の復興支援を柱に開催された今年の坂戸よさこい祭り。
出場チームの皆さんは皆元気に踊ってくれましたし、震災復興へのメッセージも伝わってきました!!

条件の悪い時だからこそ、皆で精一杯立ち向って行く事が大切だと感じました。




彩夏祭

昨日、朝霞の彩夏祭へ行ってきました。
今年は台風等の影響でなかなか夏らしい天気になっていませんでしたが
昨日は朝からガツンと晴れました!!

朝霞駅から会場へ向けて足を進めて最初に目に入ったのが、
岩手、福島、茨城の物産展。
そしてそのすぐ先で、売上金の全てが被災地に寄付される
チャリティストラップを買いました。

このように今年の祭事はどこの地方でも東日本大震災の復興支援が
テーマになるのではないでしょうか。

よさこい祭りを通じて、ひとりひとりの小さな思いを
確実に被災地へ届けて行きましょう!!


その後、激しい夕立に見舞われましたが
これもまた夏らしさです。




夏休み

家の近所の小中学校は今日が終業式で明日から夏休みです。
我々の仕事が休みになる訳ではありませんが、この時期になるとなぜかとてもワクワクします!!
子供の頃からの条件反射と、夏が持っている開放的で無邪気なイメージのせいかもしれません。

さあ、夏と言えばやっぱり

よさこいです!!!

毎年恒例として見に行ってるのは関東近県の祭りですが、今年こそ行ってみたいですね、高知。
そして高知の音を生で感じてみたいんです。

その土地それぞれの空気感によって音も様々な響き方をするように感じるのは気持ちの問題だけではありません。
その土地の地形による音の反射の違いや空気の湿度によっても音は大きく変わりますから、その土地の音というのは確かにあるんです。



第20回YOSAKOIソーラン祭り 結果!

遅くなりましたが、第20回YOSAKOIソーラン祭りの結果です。

http://www.yosakoi-soran.jp/newsflash2011/11prize.html

今年は総勢284チームが参加し、約80チームが何らかの賞を受賞しました。

この大会ではやはり北海道内のチームが強いという結果ですが
その中で私達が制作をお手伝いしたチームは道外から参加でもみごとに入賞されています。

チームの方々とともに作り、ともに喜び、そして
このような嬉しいニュースをひとつでも多くお伝えできるように、
今後ももっともっと頑張っていきたいと思います。




夏が来る!!

一昨日は夏至でした。

あと数日、梅雨が明ければ本格的な夏が始まります。

そして夏はよさこいのシーズンです!!

よさこいを通して出来る事、きっとたくさんあります。
みんなで知恵を絞り、実行して行きましょう!!!




第20回YOSAKOIソーラン祭り 開幕!

昨日、札幌大通公園西8丁目メインステージでのオープニングイベント「学生ソーラン」で、
今年第20回を迎えるYOSAKOIソーラン祭りが幕を開けました。

祭りの様子は、毎日の最終演舞終了後、
公式ホームページ内の≪開催速報≫で確認出来ます。
http://www.yosakoi-soran.jp/newsflash2011/110608.html

今年の祭りは日本中が震災からの復興をテーマに行われるでしょう。
大いに盛り上げて日本に活力を与え、収益を義援金とするというような方法や
被災者の心情を思い、祭りごとなどは当分自粛するというような道。
これは各市町村や自治体、そして個人によって思いは異なるでしょう。

しかし、大切なのは被災地を思う心ではないでしょうか。
その志しが同じなら、表現方法が異なる事に何の問題もないと私は思います。


いつの日か!!

今年のシーズンに向けて私たちが制作した「よさこい演舞曲」の中には震災によって今年の披露が難しくなった曲もあると思います。
大きな被害を受けた町では、夏祭り自体が見送られる事になるのはやむを得ないでしょうが、それでもいつか町をたて直し、色々な思いの中で夏祭りは蘇るはずです。

そんな時にこそ’よさこい”は大きな力になるのではないでしょうか。
まだまだ先の話かもしれませんが、夢を持って生きる事が未来を生むのだと思います。

被災されたよさこいチームのみなさん、どうかいつか踊れる日を信じて頑張って下さい!!

岩手に出張

一昨日、岩手県の北上市へレコーディングの出張に行ってきました。
宮古市で活動するチームの新しい演舞曲に同市の歌い手さんが歌を入れるという企画です。
スタジオをお借りしたさくらホールという施設はとても立派な作りで、スタジオ内の機材もボーカルレコーディングには十分なものでした。
DAWソフトがnuendoというのも私的には馴染みがあって、円滑な進行を助けてくれました。

さて、私は仕事柄多くの歌い手さんのレコーディングを経験していますが、今回の歌い手さんは若くて可愛らしい見た目とは違い、かなり本格的な民謡を歌われる方でした。
民謡独特の表現力や声の伸びも清清しく、今後の活躍に期待大です。

時代の移り変わりと共に、日本の文化とも言える民謡を歌える若い歌い手さんが減少している中で、それを受け継ぐ事は素晴らしい事だと思います。


2曲分のレコーディングを終えて、ラフミックスの楽曲を通して聴いた時、楽曲に魂が吹き込まれた事を実感しました。きっと同席したチームのみなさんも同じように感じたのではないでしょうか。

これからボーカルトラックの繊細な調整作業とミックスを行うのですが、完成がとても楽しみです。



そしていよいよ振り付けですね。

どんな演舞になるのでしょう!!





よさこい音楽の制作会社をどこで選ぶか

正月休みも終わり、また新たな一年が始まります。

今回のテーマは「よさこい音楽の制作会社をどこで選ぶか」です。

私も他社のHPなどたまに拝見しますが、今はホントに沢山ありますね。
料金やシステムも様々なので、どこに頼んだら良いのかとても悩むと思います。
そこで制作者側の私的に音楽面に関してのみの簡潔なアドバイスをさせていただきます。

その制作会社の実力を知る事が出来るのは、それぞれがHPに載せているサンプル音源(作品集)です。この試聴が出来ないのはまず論外ですね。
どれだけのレベルの作品が作れるのかを確認してもらうには、実際に作品を聴いて貰うしかないんですから、これが聴けないんじゃ話しになりません。
とにかくこのサンプル音源(作品集)を何度も何度も聞き比べて下さい。

出来ればPC付属の小型スピーカー等ではなく、出来るだけパワーのある再生機器で聴いて下さい。
それが難しい場合にはヘッドホンで聴くというのもアリです。

チェックのポイントとしては、まず全体的な迫力やバランス、緻密さ、美しさ、表現力等を漠然とした感覚でいいので比較してみて下さい。

そして自分のチームだけのオリジナル作品を作るのですから、色んなタイプの作品が幅広く作れる業者でなければ、他のチームと類似した楽曲になってしまう可能性がありますので、出来るだけ幅広い音楽性に対応出来るところのほうが良いでしょう。

そしてもう一点、鳴っている楽器の音色に注意してみて下さい。
特によさこい音楽は三味線や和太鼓などの和楽器がメインで使われる事が多くなりますので、このへんの楽器がリアルに鳴っているかどうかもポイントでしょう。

この和楽器たちは通常のポップス等に使われる事はめったに無い為、市販品の音源としては殆ど生産されていませんので、制作業者はそれぞれオリジナルの音源を開発したり、実際に和楽器を演奏したりという方法を取る事になりますが、ここまでの領域になると制作技術の低い業者やポップスをメインに制作している業者等には、手の届かない領域となってきます。

最後にサービス面でよく「納得いくまで何度でも修正OK」というのを売りにしている業者を目にしますが、これは依頼する側にとってはとても魅力的なサービスですね。
自分たちがOKを出すまで付き合ってもらえるんですから、最後には絶対に皆が納得する作品に仕上がりそうです。
しかしここには危険な落とし穴があります。
もしもその業者の元々のレベルが低かった場合、何度修正しようが基礎となる音楽力がレベルアップする訳はありませんから、いくら修正を重ねたところで納得の行く作品になどなりません。
それどころか、業者とのやり取りに長い時間を奪われたあげく、一向に良くならない作品に大きなストレスを抱える事になってしまいますので、最初の業者選びは特に慎重に行う事をお勧めします。





心の叫び!!

前にも書きましたが、夏にはよくよさこい祭りへ足を運びます。
出演者と観覧者に二分されるよさこい祭りにおいて私はどっぷりと後者に属するのですが、私たちの制作した曲で踊るチームの「流し」に遭遇したりすると、もう平常心ではいられません!!

踊っているチームの一人一人が自分の仲間のように感じられて、思わず心の中で「ガンバレーッ!!」と叫んでしまいます!!

もしもどこかのよさこい祭りで異常に熱い視線を送る怪しい人を見掛けたらそれは私かもしれません。

チームを引っ張るMCの方へ

よさこい祭りで色んなチームを見ていると、MCの重要さを改めて感じます。
大抵の場合、MCの方は演舞中に掛け声を入れますが、これがかなり重要な役割を担い、
キレと迫力を兼ね備えたMCにはついつい見せられてしまいます。

声質や迫力は個人の性格や先天的な部分なので後から変えるのは難しいですが、キレは大きく改善出来る部分です。
そしてこれがけっこう大事です!!
キレとは則ちリズム感。
確かなリズム感があってこそ、掛け声は音楽と同化して全体を盛り上げます。
的確な点を捕らえて声を発する事は実はとても難しい事ですが、努力とリズムへの理解によって改善されていくものです。
これはリズムに乗って踊る事と同じ事なので、「ダンスの上手い人=リズム感の良い人=キレのあるMCが出来る人」となるでしょう。

さてこの掛け声、実はラップミュージックとかなり近い要素がありますから、カラオケでラップ系の曲を歌いまくって特訓!!というのもアリだと思います。

感動っ!!

私たちに毎年音楽制作を依頼して下さるチームの中には、賞取りの常連チームも数多くいらっしゃいます。
そんなチームの演舞を直に見て思うのは、”ホントによく出来ているな”という事です。
単に振り付けを主体に考えるのではなく、トータルコーディネイト的な演出力がものを言うんですね。

4,5分という限られた時間の中にミュージカルばりのストーリー性を持たせ、オープニングからクライマックスまで見る者の心を掴み続けるには、相当な演出力と練習量が必要なんだと思います。

いち観客の私はその完成度の高さと舞の素晴らしさに大感動してしまい、溢れる涙を止められなかった事もあります。

よさこい雑記

今日もよさこい音楽を作っています。
よさこい音楽というのは、一曲の中に起承転結が用意された組曲的な構成になる事が多いため、実際には普通の歌もの曲の何倍もの労力をかけて制作する事になります。
基本的にはどんなスタイルのチームからの依頼であっても、そのチームを出来るだけ盛り上げられるように最高の作品作りを目指すことが、一人でも多くの人から笑顔を引き出す事だと思っています。

よさこいチームの多様性

前回も触れたようによさこいの自由さは今後、そのパフォーマンスの多様化としてより鮮明に表現されてくるでしょう。
具体的には、ストーリー性を重視した、よりドラマチックな演出や、よりアクロバチックな動きなどのショー的な性質を強めながら、更に発展していくような気がします。
ここで課題となるのが、上記のように常にパフォーマンスの向上を目指す言わば体育会系のチームとパフォーマンスの向上よりも、和気藹々と楽しく踊る事を重視したチームの共存かもしれません。
ただ、観る側からすればこのチームの多様性というのが飽きない要因であり、よさこいの面白さだと思うのですが。
プロフィール

よさこいキング

Author:よさこいキング
よさこい音楽作ってます。

最新記事
カテゴリ
リンク